翻訳家の年収はどれくらい?儲かるの?

こんにちはA子です。

翻訳家って儲かるのっていう質問を受ける事があるので、それについて今回は書いていこうと思います。

翻訳家っていっても様々で、私のように会社に就職して働いている方もいますし、在宅でフリーに働いている方もいます。なので、仕事の形態にもよりますが、会社に勤めている場合は固定給になります。なので、一般的なサラリーマンやOLの方とほとんど変わりません。

逆にフリーランスの場合は、案件に対して単価が決まっているので、会社で働くよりも給料は高くなりやすいです。

医学、金融、産業技術等の専門性の高いものは単価が高くなりやすいです。

翻訳の種類は出版小説の翻訳や映画翻訳などが一般期には多いと思います。実務翻訳などもわりとよく来る案件ですね。

実務翻訳というのは、企業などの依頼で文章を翻訳するものの事を言います。特許会社所属で翻訳の仕事を受けているところもあります。

それらを加味した時、翻訳家の平均的な年収は大体400万~600万円くらいですね。

フリーで働いている方の方が圧倒的に多いのが現実なので、実務経験を積むなら新卒や中途で翻訳会社に入社してしまう方が良いでしょうね。

私も会社で実務経験を積ませてもらっていますしね。

その上でフリーになるのが良いかなと思います。

因みにですが、翻訳する言葉で年収は変わるのかって思う方もたくさんいると思いますが、フリーランスなら変わります。会社に所属している場合は会社の給料分しか支払われないのであまり関係ありません。

英語のような世界共通語の翻訳はかなりの数の翻訳家さんがいるので、案件の単価は比較的低くなりやすいです。逆に中国語や韓国語のように全世界共通ではなく、国ごとの言葉の場合は翻訳家さんの数が少ないので単価は高くなりやすいです。ただ、英語は共通語であるがゆえに需要は高いので、コンスタントに仕事を依頼されます。その為、どんな状況でも仕事を絶やさずに続けていきたいなら英語翻訳はできるようになっておくと強いですね。