翻訳家に求められる必須のスキルの話

こんにちはA子です。

翻訳の仕事をする上で必須なスキルは英語などの外国語のスキルですが、それだけではありません。

原文を理解する読解力、専門的な知知識やリサーチ力、文章を書く翻訳力です。

まず、原文を正しく理解するだけの読解力がないと主語、目的語などが欠けてしまうことがあります。

そうなると文章として成立しませんし、意味の通らないものができてしまいます。

また、原文にミスがあった場合、文脈や書かれている事、話されている事から推測して訳さないといけなくなります。

そうなった時、読解力がないと正確な翻訳ができません。

次に、翻訳には分野によって専門性が求められる事があります。

というのも、専門性の高い文章の場合、本来の意味とは違う意味合いで単語が用いられています。そうなった時、前後の文章や話の内容を理解して、正確に訳す必要があるので、専門知識がないとできないのです。

ただ、いくら専門知識を持っていても知らない単語が出てくる事があります。そうなった時、辞書を引いたり、ネットで調べたりしなければいけなくなるので、検索力もとても大事なのです。

最後に翻訳力。

当たり前ですが、翻訳家の仕事は文章を翻訳する事です。

原文を理解した上で言葉の文化や習慣などを考慮しながら、伝わりにくそうな部分は補いながら翻訳をしていく事になります。

原文を理解するスキルの方が大事な気がすると思いますが、訳す文章力もとても重要なのです。